トップページ > シール製造 > セキュリティラベル

セキュリティラベルSecurity Label

セキュリティラベル

セキュリティラベル

コーションラベル

海外への輸出増に伴い、偽造・改ざんによる被害は増加の一途をたどっています。被害は売上げの減少のみならず、 消費者に対するブランドイメージの低下という信用面でも大きな損害を被っている企業は少なくありません。 ブランド保護に有効な手段の一つとして、お客様のニーズに合った偽造・改ざん防止ラベルのご提案をしています。

セキュリティラベルの特徴
改ざん防止シール・封印シール・偽造防止シール・セキュリティラベル・セキュリティシールは、 商品パッケージなどに一度貼り付けたラベルをはがすと、表面に「開封済」などの文字が現れます。 これにより、内容物の改ざん防止や開封確認が確実に行えます。

非部分移行タイプのラベル剥離イメージ
剥離後貼り直した形跡が残る。(技術漏洩防止のため携帯電話のカメラレンズ部分を隠す)



用途に応じたラベルバリエーション

ぜい質タイプ
表面基材に非常にもろいフィルム(特殊脆弱フィルムラベル)を使用しているため、ラベルを剥がそうとすると表面基材が破壊されます。このため、ラベルをきれいに剥がすことが不可能となり、ラベル再使用や貼り直しなどを防止します。
部分移行タイプ
ラベルを剥がそうとすると表面基材に“VOID” “開封済み”の文字が現れ、被着体にインキが付着します。
非部分移行タイプ
ラベルを剥がそうとすると表面基材に“VOID” “開封済み”の文字が現れ剥がした形跡がわかります。部分移行タイプと違い被着体にはインキを残しません。
ミシン刃タイプ
ラベルを剥がそうとするとミシン刃の入った表面基材が破け、再使用・貼り直しを防止します。
部分移行タイプ ぜい質タイプ
部分移行タイプ1 部分移行タイプ2 ぜい質タイプ
部分移行タイプ1 部分移行タイプ2 ぜい質タイプ

セキュリティラベル・セキュリティシールの用途例

通販商品
開封済み返品不可の場合の商品開封確認ができます。返品トラブルが減少します。
郵送書類
他人に開封されることを防止します。
パッケージソフト
使用約款承認確認として利用できます。
CD,DVDソフト
メディアの差し替えなどを防止します。
食品・薬品
異物・薬物混入防止。未開封を確認できます。
ハードウェア
本体内部への不正アクセス、不正改造防止。正規の機能を確保できます。

ページトップへ戻る
Copyright© SunnySealing Co.,Ltd. All Rights Reserved.